大東金属株式会社|橋梁支承の若返り工法や橋梁ジョイント騒音防止材、新型遮音壁など、省力化、コストダウンに繋がる道路製品の開発

qrcode.png
http://daito-m.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
大東金属株式会社
〒575-0054
大阪府四條畷市中野新町8-1
TEL.072-877-1541
FAX.072-876-5106
道路構造物各種設計・製造・施工
道路保安資材設計・製造・販売
各種防錆処理施工
道路・橋梁メンテナンス
道路騒音防止、設計製造・施工
道路環境コンサルタント業務
 

新型遮音壁

 

新型遮音壁

新型遮音壁
 
【新型遮音壁の開発のコンセプト】
■製品のコストダウン
従来の背面隠蔽板に比べ約20%のコストダウンを図る。
■保守メンテナンスに優れている。
どのパネルでも単体で脱着が可能なので、事故復旧の場合、損傷部のみの取替えが可能。
■景観性が優れている。
前面板はパンチングを採用し表面のギラツキを抑え、低価格のカラー化を実現。
前背面共、支柱隠蔽型なので、支柱が隠れ景観性が向上する。
背面板は防汚塗装鋼板を採用し、汚れの少ない外観を維持する。
■取扱い及び施工性に優れている軽量であること。
(従来のパネルの55~75%)
支柱にボルト固定するので、支柱最上部からの落としこみが不要。
■エコ製品である。
縦断勾配4%まで標準パネルが使用可能。
(従来パネルは3%以内)
軽量である事すなわち資材を最小限に使用し、環境に貢献。
軽量化による橋梁の死荷重低減。
構成部材は吸音材も含め全てリサイクル可能。
 

新型遮音壁の特徴

新型遮音壁の特徴
 
事故復旧時の場合
車線規制せず、路肩規制だけで軽四トラックと脚立、作業員4名で取り外し・取付が可能です。
従来吸音板と新型吸音板重量比較表(2m用吸音版)
重量比較表(m2当たり)
 
 種別  従来型  新型遮音壁
 150H用  39kg  29kg
 250H用   45kg  29kg
 350H用  52kg  29kg
 
運用性2m用吸音版を10t車に積載した比較表
  運搬性
 
 運搬性  従来型  新型遮音壁
 150H用  128枚  192組
 250H用  96枚  192組
 350H用  64枚  192組
 

設置例(新型遮音壁)

設置例(新型遮音壁)
 

設置例(前面支柱隠蔽型)

設置例(前面支柱隠蔽型)
 
 
【第二京阪道路】
壁面吸音板
 
【第二神明道路】
壁面吸音板
ポリエステル吸音材使用