本文へ移動
外付け吸音板落下防止システム
W-SAFETY SYSTEM
特許第6431163号・特許出願中/特願2015-240004
 
 
車道側からの外付けだから低コスト!
外付け吸音板落下防止システム
W-SAFETY SYSTEM
【WSシステム】
老朽化した現況の落下防止索(支柱内蔵式)を取替えずに補完するもので、遮音壁前面(車道側)に外付け設置します。取替えのためのパネル脱着も不要。すべての取付け作業が車道側から可能で設置後の点検も容易。

外付け吸音板落下防止システムの特長

吸音板の脱着作業は不要
 
現況の老朽化した遮音板落下防止ワイヤーは支柱内の空間に内蔵されており、これを取り替えるには当該支柱左右のスパンの吸音板を撤去・再設置する必要があるが、本システムは、現況のまま吸音板に外付けワイヤーを設置するものであり、現況ワイヤーの撤去や吸音板の着脱は不要です。
実物の吸音板で試験済み
 
遮音壁取替工事から発生した実物の吸音板に、本システムのワイヤーと接続金属(アイナット・ワンサイドボルト)などをセット。それを足場材で組上げた試験台から落下させて、その性能を確認しています。
事故復旧作業も省力化
 
使用ワイヤー長を最長20mとし、これを連結ナット(ターンバックル式)でつなぎ合わせることにより、事故復旧時などのワイヤー抜き取り復旧延長を最小限に留めることが可能です。
取付け作業は車道側から
 
吸音板の前面にワイヤーを接続する金具には、アイナットとワンサイドボルトを採用。ワンサイドボルトは、パネル背面まで貫通させた孔に、車道側から挿通、先端に設けたプレートをターンさせて固定するもので、削孔からパネル接続金具の取付け、ワイヤーの設置までの作業が、すべて車道側から可能です。
点検も車道側から容易に
 
現況の遮音板落下防止ワイヤーは支柱に内蔵され、点検しずらい形で配置されているが、本システムでは吸音板前面に外付けされることから、ワイヤーの点検も車道側から簡単にでき、劣化・損傷もいち早く発見できます。
設置参考図

ご質問・ご相談などお気軽にお寄せください

お問い合わせ
大東金属株式会社
〒575-0054
大阪府四條畷市中野新町8-1
TEL.072-877-1541
FAX.072-876-5106

道路構造物各種設計・製造・施工
道路保安資材設計・製造・販売
各種防錆処理施工
道路・橋梁メンテナンス
道路騒音防止、設計製造・施工
道路環境コンサルタント業務
0
2
8
7
3
2
TOPへ戻る