本文へ移動
K-PRO工法
ゴム支承の耐侯性を大幅にアップできる
オゾン劣化防止コーティング工法
 
ゴム支承において、過酷な条件下での使用により、オゾンクラックによる損傷が発生しています。損傷を放置すると、損傷が拡大する可能性も考えられるため、早期の補修が望まれます。その補修方法の一つとして、被覆ゴムにコーティングする方法があります。今回、耐侯性はもちろん、ゴム支承に生じるせん断変形への追随性も兼ね備えたK-PRO工法を開発しました。
 
オゾンなどのある過酷な条件下ではオゾンクラックが発生
K-PRO工法は、川金コアテックで開発した特殊弾性コーティング材(K-Coat-R)を用いたゴムの耐オゾン性を大幅に向上できる画期的な工法です。
本工法は、新設および既設ゴム支承のどちらにも適用可能です。また、ゴム材料の種類を選びません。
K-Coat-Rを塗布することで、下記の特長を有しています。

K-Coat-Rの特長

十分な耐オゾン性

被覆ゴムに、耐候性にすぐれたポリマーを主成分としたコーティング材を塗布することで、道路橋支承便覧規格値の10倍以上の耐オゾン性を確保できます。
優れた変形追随性

ゴム支承のせん断変形に対して、せん断ひずみ300%以上の追随性を有しています。

耐オゾン性試験

コーティング被膜の有無、種類に着目した耐オゾン性の比較試験結果を以下に示します。
試験概要はJIS K6259に準拠しています。
試験概要
40℃×50pphm×50%伸長 96hでクラックのない事 構造物施工管理要領(NEXCO各社 平成26年7月)
 
試験結果
コーティングの種類
コーティングなし
シリコンコーティング
K-Coat-R
耐オゾン性試験結果
24h以内にクラック発生
260hで皮膜損傷発生
1000h以上で問題なし
※コーティング材の評価に着目した実験のため、通常のゴム沓とは異なり、ゴム材料自体には耐オゾン性を与えずに試験を実施いたしました。そのため「コーティングなし」では早期にクラックが発生

縮小体ゴム沓による耐オゾン試験

70%せん断ひずみ 縮小試験で問題なし

変形追随性試験

実際の製品を用いた、変形追随性の試験と結果を示します。
 
供試体の様子
供試体の様子
試験結果
側面のせん断ひずみ300%
せん断ひずみ
70%
150%
300%
繰り返し回数
50サイクル
5サイクル
5サイクル
試験結果
異常なし
異常なし
異常なし

納入実績

国土交通省
都道府県
高速道路会社
JR
7件
12件
17件
1件

関連リンク

ご質問・ご相談などお気軽にお寄せください

お問い合わせ
大東金属株式会社
〒575-0054
大阪府四條畷市中野新町8-1
TEL.072-877-1541
FAX.072-876-5106

道路構造物各種設計・製造・施工
道路保安資材設計・製造・販売
各種防錆処理施工
道路・橋梁メンテナンス
道路騒音防止、設計製造・施工
道路環境コンサルタント業務
0
2
8
7
3
2
TOPへ戻る