本文へ移動
タフパネル(dry)
時代が求める長寿命の吸音板の誕生
 
  1. 統一型の遮音板が設置されて約40年が経過し、その間全国で膨大な数量の遮音板が設置されてきました。その遮音板は設置から20年くらいで腐蝕による前面板(アルミ)の亀裂破断が散見され、その対策が急がれています。
     
  2. 遮音板のパイオニアである大東金属はその問題点を一つ一つ改良し、ここに耐用年数を従来の倍以上の長寿命の吸音板の開発に初めて成功しました。長寿命化により設置投資効果のアップ、及び補修費の大幅な削減を図れます。
タフパネル(dry)
ここに技あり!
  1. 水の溜まらない構造で腐蝕の防止
  2. 前面背面とも同一の高耐候性メッキ鋼板使用で電食の防止
  3. 従来の統一板と同一形状で作製しており置換えが可能
  4. 光沢を抑えた高耐候性メッキ鋼板使用で近隣住民の反射光被害からの保護
  5. 前・側・背面に同一の鋼板を使用
    又、吸音材にポリエステルを使用することにより、リサイクル効率の向上

統一型遮音板の経年変化による前面板腐食発生状況(※パターン1)

前面板腐食発生状況

統一型遮音板の経年変化による背面板腐蝕発生状況(※パターン2)

背面板腐蝕発生状況
最下段パネルの背面板下部が腐蝕により落下している状態
背面板腐蝕発生状況
中段パネルの背面板下部にも腐蝕が見られる

統一型遮音板下部の腐蝕原因

(※パターン1)

遮音板の下部に溜まった水が、太陽熱により温められる。
前面下部ハゼ部に溜まった温水により、背面板(メッキ鋼板)の亜鉛メッキが徐々に融解する。
ハゼ部背面板(メッキ鋼板)のメッキ流出により、異種金属間(≪アルミ⇔亜鉛メッキ≫→≪アルミ⇔鉄≫)の電位差が拡大し腐蝕が発生・加速する。

(※パターン2)

遮音板の下部に溜まった水が、太陽熱により温められる。
背面下部に溜まった温水により、背面板(メッキ鋼板)の亜鉛メッキが徐々に融解する。
背面板下部(メッキ鋼板)のメッキ流出により、鋼板がむき出しとなり、腐蝕が発生・加速する。

排水機能構造への改良(前面板)

排水機能構造
既設の統一型遮音板が腐蝕する原因である水の溜まる下部ハゼ折り構造部に切込みを設けて、排水機能構造を追加することで水はけを良くした。

(従来型)

(改良型<排水機能構造>)

排水機能構造への改良(背面板下部)

タフパネルdryは、さらに背面下部を前面勾配にすることで水の溜まらない構造に改良した。
従来型パネルとも嵌合が可能!!

デジタルカタログ

タ フ パ ネ ル(dry)

ご質問・ご相談などお気軽にお寄せください

お問い合わせ
大東金属株式会社
〒575-0054
大阪府四條畷市中野新町8-1
TEL.072-877-1541
FAX.072-876-5106

道路構造物各種設計・製造・施工
道路保安資材設計・製造・販売
各種防錆処理施工
道路・橋梁メンテナンス
道路騒音防止、設計製造・施工
道路環境コンサルタント業務
0
2
8
7
3
2
TOPへ戻る